【仕事のミカタ・書くミカタ】「熟成期間」を設ける

December 16, 2015

前回のコラムで、「完璧を目指すよりまず終わらせろ」という仕事の進め方をご紹介しました。

しかし、そうはいってもある程度のレベルまできちんと書いてから提出したい、という場合にはこれです。

 

「熟成期間」

 

 

「え?熟成??」と思われることでしょう。

しかし、前回ご紹介した作業のコツとちょっとリンクしています。

 

 

まずは、思いっきりスピードをあげて取り組みます。取り組んだのち、一晩くらい「寝かせて」おきます。

その後もう一度、原稿なり仕事の成果なりを見直してみてください。全力で取り掛かっているときと比べて

より自分の仕事が客観的に見えてくるのではないでしょうか。そのうえで、ミスや曖昧な表現は修正しましょう。

 

この「一晩寝かせる」という作業を、納品までの間に挟んでおけるかどうか、という逆算スケジュールも鍵となります。

まずは猛スピードで仕上げる→一晩寝かせる→修正する→ある程度加筆修正されたものを納品する、

という流れを身に着けておくことで、よりクオリティの高いものが納品できるのではないでしょうか。

 

 

まずはスピードです。

「仕事ができる人は、仕事が速い人」と断言する人もいるほどです。

 

 

納品先をやきもきさせないように、まずはスケジュール策定と作業ペースのアップから頑張ってみてください!

Please reload